羽林由鶴(はねばやし ゆず)

豊島岡女子高等学校卒・日本大学芸術学部放送学科卒。財団法人教育研究所出版部編集部門で約20年間勤務後、心理カウンセラーとなる。長年培った専門知識を背景にしたカウンセリング技術及びコーチングの手法により、多数のクライアント様を問題解決に導く。

西暦2006年にSTEP13を設立、個人及び団体を対象にしたカウンセリング・コーチング・コンサルティングを開始。全国公私立高校での生徒・保護者向け講演及び一般企業での研修指導、個人対面カウンセリング、執筆活動等を行う。結果を出す事を重視した独自の方法が注目を集め、新聞・雑誌・テレビ・ラジオで取り上げられている。著書7冊。

(写真下:立正大学第31代学長山崎和海教授とご一緒に)




はじめまして、羽林由鶴(はねばやしゆず)です。

 私は高校時代、優秀な生徒ではありませんでした。
 掃除の時間に机の上に立って歌ったり、ワックスを床に撒いて上履きで滑ったりしていました。
 校長先生が朝礼で話してくださった論語の内容など何一つ覚えていないし、担任の先生からは事あるごとに注意を受けている有様です。
 私はこんなふうに不真面目な子供だったので、勉強の知識はあまり身につきませんでした。
 しかし、その代わりに身についた、大切なものがあります。
 「生きる力」です。
 そのおかげで大学に進学できたし、就職することもできました。
 私は、当時真剣に指導してくださった先生がたの熱意だけは、大人になった今でもはっきりと覚えています。
 そんな立派な先生がたの役割を、僭越ながら、次は私が果たす番だと思っています。
 未来を創る現在の若者たちに、人生の先輩から受け継いだ「生きる力」を余すところなく伝えてゆけたら幸いです。

Copyright (C) All rights reserved. 教育再生プロジェクト© http://1yuzu.biz/